[注目のキーワード]

技術・デザイン

セルフ甘皮ケア方法は意外と簡単!初心者でもできる甘皮処理手順まとめ

作成日:

マニキュアやジェルネイルなどを塗っておしゃれをしているにも関わらず、マニキュアやジェルが甘皮に乗っているためにすぐに浮いてしまったり、剥がれてしまったり……、ということはありませんか。

また、甘皮ケアをしているかどうかで、自爪の見え方までも変わってきます。

そこでここでは、お家でできる簡単な甘皮ケア方法から本格的な甘皮ケア方法までご紹介。それと同時に、必要な道具もご紹介するため、ぜひセルフケアの参考にしてください。

甘皮の種類と甘皮ケアの必要性とは?

そもそも、甘皮とは一体どういったものかご存じでしょうか。

甘皮は、「キューティクル」と「ルースキューティクル」の2種類で構成されています。

爪の根元を埋めるように生えている薄い皮を「キューティクル」といい、爪の根元から細菌などが入り込まないようにブロックする働きがあります。

通常「甘皮」と呼ぶのは、このキューティクル部分です。日本語では「爪上皮(そうじょうひ)」とも呼ばれます。

もう一つの「ルースキューティクル」(もしくは「ルーズスキン」)は、爪の表面を覆っている薄い皮の部分のこと。爪が伸びる際に、キューティクルが爪表面全体を覆うように張り付いて伸びた不要な皮を指します。

処理を行うべき甘皮部分とは、根元で伸びすぎているキューティクル部分と、ルースキューティクル部分です。

というのも、これらは爪やその周辺に必要な水分を奪ってしまうため、爪や爪周りの乾燥を招くからです。すると、ささくれや自爪の割れ・欠けを誘発しやすくなります。

また、余分な甘皮が残っていると、マニキュアやジェルネイルを塗布する際にキレイに密着せず、剥がれ・浮きやすさといった弊害を招くデメリットが挙げられます。

甘皮ケアの注意点

艶のある健やかな爪を育てる上で、甘皮ケアはとても大切です。

しかし、誤った甘皮ケアの方法で処理してしまうと、甘皮や爪が傷つき、伸びなくなってしまうこともあります。そのため、正しい甘皮ケア方法を覚えておきましょう。

甘皮ケアはやりすぎないように

甘皮ケアは、頻繁に行うと甘皮が生えて来なくなることがあります。先述したように、甘皮は爪の根元から細菌などが侵入しないように守る働きがあるため、やりすぎは禁物です。

「基本的に2週間程度空けて甘皮ケアをする」「甘皮が生えて来ないなど感じたら、過度な甘皮ケアはしない」というように注意しましょう。

甘皮ケア方法

【甘皮の種類と甘皮ケアの必要性まとめ】

・甘皮には、厳密にはキューティクルとルースキューティクルの2種類がある。
・甘皮放置はささくれや自爪の割れ・欠けの原因になることがある。
・健康な爪を育てるために甘皮ケアは必要だが、やりすぎはダメージの原因にもなる。

甘皮ケアに便利な道具の紹介

甘皮ケアには、簡易的なものからプロ仕様のものまでと幅広く道具があります。以下に、初心者向けのものや、本格的な甘皮ケアの道具を見ていきましょう。

(初心者向けの甘皮ケア道具)

・綿棒・・・柔らかくなった甘皮を押し上げるために使用します。
もしくは
・ウッドスティック・・・甘皮を押し上げるために使用します。
・コットン・・・甘皮を押し上げるときにウッドスティックに巻きつけて使用します。

・ハンドクリーム・・・甘皮を柔らかくするために使用します。

(本格的な甘皮ケア道具)

・ウッドスティック・・・甘皮を押し上げるために使用します。
・メタルプッシャー・・・ウッドスティックと同じように、甘皮を押し上げる際に使用します。
※爪を傷つけないように注意が必要
・コットン・・・甘皮を押し上げるときにウッドスティックに巻きつけて使用します。
・キューティクルリムーバー・・・甘皮を柔らかくするために使用します。
・ハンドボウル・・・指をお湯につけて甘皮をふやかす際に使用します。
・ソープ(ハンドソープまたはボディソープ)・・・より早く甘皮がふやけやすいように、お湯に数滴垂らして使用します。
・キューティクルニッパー・・・押し上げた甘皮をカットする際に使用します。
・ガーゼ・・・甘皮ケア後、手を拭く際に使用します。
・キューティクルオイル・・・(最後の仕上げに)キューティクル部分に塗り保湿します。

本格的に甘皮処理をしようとすると、以上のような複数の道具の組み合わせが考えられます。

ですが、甘皮を押し上げる道具として初心者の方が使用するならば、「先端にコットンを巻きつけたウッドスティック」がおすすめです。

というのも、綿棒は角がないため優しい反面、甘皮を押し上げにくいデメリットがあります。ですが、本格的な道具であるメタルプッシャーは、力加減を調節しないと爪を傷めてしまうリスクがあるからです。

甘皮ケア方法

そのため、適度に甘皮を押し上げやすく、かつメタルプッシャーほど摩擦のない「コットンを巻きつけたウッドスティック」が、初心者の方には扱いやすいでしょう。

また甘皮処理後は、ハンドクリームやキューティクルオイルなどによる保湿対策を忘れずに。

甘皮ケアではお湯に浸ける過程があり、また普段から甘皮や爪周りは乾燥しやすくなるパーツのため、保湿アイテムは必ず用意するようにしましょう。

簡単な甘皮ケア方法と本格的な甘皮ケア方法

ここからは、甘皮ケアの簡単な方法と、より本格的な方法の2種類をご紹介します。

初心者の方は、まずは簡単な甘皮ケア方法からトライしてみてくださいね。

簡単な甘皮ケア方法

使用するのは、ハンドクリームと綿棒です。

甘皮ケア方法

①甘皮箇所にハンドクリームを塗布する

甘皮を柔らかくするために、ハンドクリームを塗りこみます。これによって、甘皮を押し上げる工程が楽になります。

②ぬるま湯に爪を浸けて甘皮をふやかす

ハンドボウルに入れたぬるま湯(38℃くらい)に、指先を浸けて甘皮をふやかします。ゆっくりと約10~15分間浸すと、十分に甘皮がふやけるでしょう。

③綿棒で甘皮を押し上げる

綿棒を使って小さな円を描くように、爪表面と根元に浮いている甘皮(ルースキューティクル、キューティクルともに)を押し上げます。無理にすべての甘皮を取ろうとはせず、綿棒によって浮いた部分を取り除くだけで結構です。

甘皮が取れたあとは、ハンドクリームを爪から手全体に塗り、細部までしっかりと保湿しましょう。

本格的な甘皮ケア方法

(使用する道具)

・ハンドボウル
・ソープ
・キューティクルリムーバー
・ウッドスティック
・コットン
・ガーゼ
・キューティクルオイル

①ぬるま湯にソープを数滴垂らしておきます。
ハンドボウルに入れたぬるま湯(38℃くらい)に、ソープ(ハンドソープまたはボディソープ)を数滴たらして混ぜます。このひと手間で、甘皮がより早くふやかすことができます。

※香りがあるソープを選ぶとリラックス感も楽しめるため、お好きな香りを選ぶのもおすすめです。

②キューティクルリムーバーを甘皮部分に塗る
甘皮をふやかしやすいように、事前にキューティクルリムーバーを塗ります。

③ぬるま湯に爪を浸けて甘皮をふやかす
①のハンドボウルに入れたぬるま湯(38℃くらい)に、指先を浸けて甘皮をふやかします。

※ソープやキューティクルリムーバーの効果で、5~10分程度で甘皮が十分にふやけるでしょう。

④ルースキューティクルを押し上げる
ウッドスティックにコットンを巻きつけたものを使用して、甘皮を押し上げていきます。この時、ルースキューティクルを取るために、爪の両サイドから中心に向かって円を描くように優しくこすっていきます。

甘皮ケア方法

⑤ガーゼを使って、キューティクルと余った汚れを取る
ガーゼを少し湿らせた状態で、処理する手と反対側の手の指に巻き付けます。

ガーゼを巻いた指先を使って、爪の根元のキューティクルや、全ての甘皮処理後に残ったカス、爪の裏に溜まった細かい汚れなどを取り除きます。

甘皮ケア方法

なお、ささくれや甘皮の浮いた部分がある場合は、絶対に無理に引っ張って引き抜かず、キューティクルニッパーで切るようにしましょう。

⑥仕上げにキューティクルオイルで保湿
キューティクルオイルで甘皮とその周辺部分を保湿し、手全体を軽くマッサージをするように揉み込みましょう。

【簡単な甘皮ケア方法と本格的な甘皮ケア方法まとめ】
・初心者の方は、まずが甘皮処理に慣れるために簡単なケア方法から始めましょう。
・甘皮処理をする前には、必ずお湯に指先を浸けて甘皮をしっかりふやかしましょう。
・甘皮ケア後は、必ず保湿を行いましょう。

甘皮ケアは健やかな指先を保つために

甘皮ケアは、ただ甘皮を処理するだけのものではありません。

自爪の乾燥を防ぐ効果やマニキュアやジェルネイルの持ちを良くする効果、ネイルアートの映え方にも繋がります。

甘皮ケア方法

ネイルの基盤でもある大事な甘皮ケアは、シンプルな工程ながらきちんとマスターしたい技術ですね。

まずは基本の甘皮ケアを習慣化して、健やかなネイルライフを送りましょう。


プロネイリストを目指すなら、認定講師が指導する信頼感のあるネイルスクールへ!

CARRIERE(キャリエール)はJNA認定校です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールが選ばれる理由】

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:10/25(月)~11/7(日)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。