仕事・キャリア

ネイリストに向いている人とは?ネイリストの資質と注意すべきNGポイント

作成日:

ネイリストに向いている人とは?ネイリストの資質と注意すべきNGポイント

華やかで、美を追求する人のためのお店として人気の高いネイルサロン。そんな憧れの場所で、プロのネイリストとして活躍したい! と願うネイル愛好家の方は少なくありません。

とはいえ、セルフネイルが好きだからネイリストに……、という考えだけでは、実際にサロンで働いた際に想像とのギャップがあってすぐに挫折するということも。

そこでここでは、どのような資質を持っていればプロのネイリストとして続けられそうか、ネイリストに向いている方の特徴と、反対にあまり向いていないと思われる方の特徴をご紹介します。

プロのネイリストに求められる資質

ネイル技術を習得しても、今後ネイリストとしてやっていけるのか、心配になることは珍しくありません。

そこで、「ネイルが好き」という大前提の条件の他に、ネイリストに向いているかどうかのチェック項目として、ネイリストに求められる資質を見ていきましょう。

1.流行に敏感

ファッションの流行が年々変わるように、それに合わせてネイルデザインの流行も変わっていきます。

今何が流行っているか、色、デザイン、2Dまたは3Dなのか、常に流行を追って最新情報を頭に入れておく必要があります。

2.接客が好き・得意

お客様の要望に応えてこそプロのネイリスト。そのため、できる限りお客様の声を聞き、ご満足いただけなければなりません。

たとえば、頭の中には「こうしたい」というイメージがあるものの、上手く言葉で伝えられないお客様がいらっしゃいます。そんな方に対して、プロとして「分からない」と答えるわけにはいきません。

そこで、そのような時には話題を変えたり、質問の角度を変えたり、あるいはサンプルになる資料画像をお客様と一緒に見ながら、完成形のイメージを固めていくような作業が求められます。

プロのネイリストに求められる資質

また、単に「派手にして」と言われても、派手さを演出するには何通りもあります。そのうちのどれにするのか、もし、お客様に具体的なイメージがなければ一緒に考えてもらうのも一つの手段です。

このような臨機応変でお客様のご希望に寄り添った対応ができる資質が、接客業でもあるネイリストには求められます。

3.体力的にタフ

ネイリストの仕事は体力勝負です。10本の爪を丁寧にデザインするには、何時間も同じ姿勢で作業を続けなければなりません。

そのため、ストレートネックや腰痛に悩むネイリストは多くいます。また、予約が立て込んで全く休憩が取れない、ということも想定されます。

また、営業後はハンドモデル相手に技術の練習をしたり休日は講習会へ参加したりするなど、技術や知識を高め続けるためにはそれ相応の体力が求められます。

4.細かい作業が好き・得意

爪というとても小さいキャンバスをいかに魅力的にみせるか、細かいデザインを施すには集中力が求められるため、その作業を長時間好んでやることが出来るかどうかは重要な資質になります。

「細かい作業は好きだけど、得意かどうか自信がない」という場合、このようなネイル技術は日々磨いていけば上達していくため、最初から得意とは言えないレベルでも、好きで集中力が持続するなら許容範囲でしょう。

5.想像力が豊か・アイデアの引き出しが多い

接客にも通じるものがありますが、お客様から出された要望に対してどんなデザインをするか、瞬時にイメージを固められるかどうかは、普段どれだけ多くのデザインに触れているかにかかっています。

プロのネイリストに求められる資質

それはネイルだけでなく、絵画や美術品などからヒントを得ることも出来るでしょう。

例えば「丸いデザインがいい」と言われたときに、単色の丸なのかグラデーションなのか、星を散りばめてみたらどうか、「丸」というキーワードからどれだけバリエーションを引き出せるかによって、仕事の幅も広がり、お客様の満足も得られやすくなります。

ネイリストに向いていない人

次に、どのような特徴があるとプロのネイリストにはあまり向いていないのか、見ていきましょう。

1.仕事が雑

自分の爪ならいざしらず、お客様にお金をいただいてネイルを施す以上、「これくらいでいいか」という雑な判断は決して許されません。

ネイルは作業開始から終了まで何段階もの工程を経て完成するため、一つの作業の精度が下がると、後の作業に響きます。結果的に仕上がり全体が悪くなり、クレームの対象にもなりかねません。

さらに、お客様の大切な手を信頼して預けてもらうのがネイリストです。そのため、お客様に決してケガなどのトラブルを与えてはいけません。

プロのネイリストに求められる資質

そのことから、仕事が雑で集中力が切れやすい人は、ネイリストとして活躍するのは難しいでしょう。

2.ストレスをためやすい

ネイリストはお客様相手の仕事のため、クレーム処理は避けて通れません。

真摯にお客様と向き合うのは素晴らしいことですが、毎回正面からクレームを受け止め、自分を否定してしまうと精神的なストレスが大きくなってしまいます。

上手くストレスを吐き出す方法を普段から身につけておきましょう。

3.勉強し続けるのが苦手

ネイリストは、一度技術を習得したら終わりではありません。日々進歩するネイル技術のほか、デザインの幅を広げたりアイデアの引き出しを増やしたりするためにも、常に情報にアンテナを張っておく必要があります。

ネイルに関する新しい情報はもちろんのこと、接客時にも役立つように、広く世間一般のニュースや流行まで収集するようにしましょう。

ネイリストのポイントを押さえて夢を叶えよう!

ネイリストは、接客業としての柔軟性と技術職としてのストイックさの両方が求められる、なかなか難易度の高い専門職と言えます。

その上、長時間で体力勝負の世界のため、華やかさだけに憧れてしまうと「イメージと違う」と驚くこともあるかもしれません。

ですが、基本的には「ネイルが好き」という気持ちを持ち続けていれば、楽しみながら知識を身に着け、技術を磨き、信頼して任せてくれるお客様に寄り添った対応をすることができるはずです。

プロのネイリストになる夢を叶えるために、ネイリストが持っておくべき資質を押さえて、まずはネイルスクールで確かな技術と知識を習得してみてはいかがでしょうか。

CARRIERE(キャリエール)はJNA認定校です。卒業生の就職先や就職サポート制度が充実! また校内にて定期的に検定試験を実施中です!

■卒業生の就職先や就職サポート制度について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールネイルカレッジの就職サポート制度】

■キャリエールの検定合格保証制度について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールネイルカレッジの検定合格サポート】

※キャリエールネイルカレッジは、東京都内(新宿・立川)、神奈川県(横浜)のネイルスクールです。

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:2/2(木)~2/15(水)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。