[注目のキーワード]

仕事・キャリア

ネイルサロン開業までの段取り・流れは?いつから何をすればよいのかチェック項目まとめ

作成日:

サロンオープンまでの段取り

サロンワークなどで実務経験を積んだ後は、キャリアアップとしてネイルサロンを開業するのは、多くのネイリストにとって憧れです。

ですが、「ネイルサロンをオープンさせる!」と一念発起したものの、どこからどのように始めればよいのか分からずに戸惑ってしまう方も少なくありません。

ですが、サロンを開業するということは「経営者」「個人事業主」として責任をもって事業を行うことを意味するため、事業を長く継続・発展させるためにも、オープンまでの基礎をきちんと行う必要があります。

そこでここでは、初めてネイルサロンを開業する方に向けて、オープンまでの基本的な段取り・流れについてご説明します。

サロン開業の半年以上前から始めること

まずは、開業資金の準備・確保から始めましょう。

その際は、どのようなサロンの形態で開業するのか、具体的にイメージする必要があります。

というのも、たとえば自宅をサロンにする場合と物件を借りる場合とでは、初期費用、賃料、備品購入費用、改装費用、宣伝費用などが大きく変わるからです。

また、開業したいサロンのコンセプトやイメージ(メニュー、インテリア、備品、用具用材など)を具体的に書き出し、そこから「譲れない部分」「経費削減できる部分」を明確にして、開業資金の範囲内で理想のサロンを作れるように工夫しましょう。

※開業準備段階で想定外の出費が重なることは珍しくありません。そのため、開業資金はできるだけ余裕を持って確保することをおすすめします。

以上のことを固めてから、次の段階に進みます。

サロン開業の半年前から始めること

次に、(自宅サロンでない場合)条件に適った物件を探します。

この時に、探すことに疲れて妥協してしまうと、後々問題が起きるかもしれないため、慎重に行いましょう。

賃料はもちろんのこと、駅からの利便性など集客面、店舗の雰囲気、間取り・広さなど、様々な角度から検討し、納得した上で決めることをおすすめします。

※併設型サロン(面貸し)の場合、店舗オーナーと細かな契約内容を決めなくてはいけません。双方が納得して気持ち良く営業が続けられるように、慎重に交渉するようにしましょう。

サロン開業の1~3か月前から始めること

物件が決まれば、無駄な期間は設けずに、すぐに開業に向けて動き出しましょう。

電話・インターネットの開設、内装工事が必要な場合は、問題が起きることを想定し、余裕を持ったスケジュールで専門業者に頼みます。

また、インテリア(施術テーブルなど)、用具・用材、什器などの備品を揃えて、すぐにでも施術ができるように必要なアイテムを整えます。

サロン開業の1か月~3週間前から始めること

開業準備がある程度整ったら、宣伝・広報活動を進めます。ネット予約サイトへの登録やSNSを活用した広報活動、近隣へのチラシのポスティングなど、開業後すぐに新規のお客様に来てもらえるようにしましょう。

また、既存のお客様や知り合いにも、開業について告知するようにしましょう。

サロン開業の2週間前から始めること

実際にすべてのインテリア(施術テーブルなど)、用具・用材、什器などの備品をセッティングし、問題がないかチェックします。

できるだけ知り合いにお客様の役をしてもらい、来店から施術、施術後からお帰りになるまでの流れを確認し、「動線に問題はないか」「お客様側の目線で気になることはないか」などをヒアリングし、開業までに改善するようにしましょう。

慌てず妥協せず準備万端でスタートしましょう!

以上のように、段取りを言語化して順を追えば、どこから始めればよいのか見えてきたのではないでしょうか。

なお、「いつから始めるか」については、あくまで目安です。スケジュールは余裕を持って設定し、思わぬトラブルが発生しても慌てないようにしましょう。

CARRIERE(キャリエール)ネイルカレッジは、卒業後の就職保証・独立開業サポート制度が充実!

詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールが選ばれる理由】

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:9/27(月)~10/10(日)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。