技術・デザイン

マーブルネイルのやりかた!セルフで簡単に作れる方法と失敗しないポイントまとめ

作成日:

マーブルネイルのやりかた!セルフで簡単に作れる方法と失敗しないポイントまとめ

複雑なカラーグラデーションでこなれた印象を醸し出すマーブルネイル。「単色使いだけでは物足りないけれど、セルフでは難しそう……」と思っている方も少なくありません。

ですが、慣れれば意外と簡単に自分で作れるのがマーブルネイルの特徴です。そこでここでは、セルフでできるマーブルネイルの作り方についてご紹介します。

準備するもの

※ジェルネイルを想定して「ジェル」と表記していますが、マニキュアでもOKです。

・ベースコートジェル(ベースコートネイル)
・ベースにするカラージェル(カラーネイル)
・マーブル模様にするためのカラージェル ※できれば2色以上(カラーネイル)
・ジェルネイル用の細筆
・トップコートジェル(トップコートネイル)

マーブルネイルのやりかた

※ネイル塗布前の事前準備(プレパレーション)の方法については、こちらの記事をご参照ください。

プレパレーションでネイルの持ちアップ!下準備の方法・手順とは

以下に、基本のマーブルネイルの作り方を挙げます。

※ジェルネイルを想定して「硬化」させていますが、マニキュアでは乾かしてください。

1.ベースコートジェルを塗ります。
2.硬化します。
3.ベースの色になるカラージェルを爪全体に塗ります。
4.混ぜたい色のカラージェルをランダムに爪の上に置きます(4~5箇所)。あまり広く塗りすぎないように、かつ、あとで引き伸ばすのでやや厚めに色を置いてください。
5.2色目は、1色目のすぐ横に置くようにしてください。混ぜるときに、きれいなマーブル模様ができます。※1色使いの場合は省略
6.細筆でカラージェルを伸ばすように引いて混ぜます。このとき完全に色を混ぜないように注意し、筆の動きはつねに同じ方向(斜めなら斜め方向だけ)にしてください。
※1色使いの場合は、1色だけを筆で伸ばして模様を作ります。
7.マーブル模様になったら、硬化します。
8.トップコートを塗ります。
9.硬化して完了です。

さらに差をつけるなら!おすすめポイント

1:マーブルの密度

6の工程において、筆を入れる回数や筆を動かす方向の違いでマーブル模様の混ざり具合が変わるため、異なる印象になります。

例えば、最初は右上から左下に向かって筆を動かし、次に左上から右下に向かって筆を動かすと、より細かく動きのあるマーブルデザインができます。好みに合わせて変化をつけてみましょう。

2:ラメやストーンとも好相性

品よく動きのあるデザインが特徴のマーブル模様は、ラメやストーンとも好相性です。マーブル模様を作るのに慣れてきたら、デコラティブなデザインにもぜひ挑戦してみましょう。

マーブルネイルのやりかた

マーブルネイルを失敗しないためのポイント

マーブル模様を作る際に、失敗しないために注意したいポイントを見ていきましょう。

1.カラーネイルの量に気をつけて

ベースカラーを塗ったあとに、マーブル模様を作り出すカラージェルをのせていきます。この際、ベースの上にのせるカラージェルの量が多すぎると、せっかくのベースカラーが見えなくなり、想定していた色合いとは異なるデザインになることも。

ベースカラーもアクセントとして活かすように、慣れるまではカラージェルは少しずつ足していき、様子を見るのが良いでしょう。

2.たくさんの色を使いすぎない

マーブル模様のカラーは混ぜるほど不思議な模様に見えますが、色数が多すぎると統一感がなくなり、ゴチャゴチャした印象に。

マーブルネイルのやりかた

そのため目安としては、2色から多くて3色程度に抑えておくのが良いでしょう。

3.混ぜ方は慎重に

置いたカラーネイルを混ぜる際、筆を動かせば動かすほど複雑なマーブル模様を描くことができます。ですが、一度混ぜたマーブル模様はもとに戻せないため、残念ながらやり直しが効きません。

そのため、最初にどれくらいの混ぜ具合にするか、サンプルになる写真などを準備し、参考にしながら進めると良いでしょう。

4.似た色を選びすぎないように

同系色ですべてを揃えるのも一つの方法ですが、あまりに色が近いと、混ぜたときに色の差がでず、ぼんやりした印象を与えてしまうかもしれません。

マーブルネイルのやりかた

複数揃える色のなかで、たとえばベースカラーは全く違う系統の色を選ぶと、上にのせるマーブル模様のラインがキレイに出ます。完成時のカラーイメージを想像しながら色を選びましょう。

マーブルネイルのカラー選び

マーブル模様を作る時には、様々な色の組み合わせを楽しむことができます。その中から代表的な色の組み合わせのパターンをご紹介します。

マーブルネイルのやりかた

1.大理石風

ブラウン系またはグリーン系の色をベースカラーに置き、ホワイト系とゴールド系のカラーをのせて混ぜると、まさにマーブル(大理石)のような高級感を演出できます。

マーブルネイルのやりかた

2.いちごミルク風

ピンク系の色をベースカラーに置き、ホワイト系1色または2色を混ぜます。少し甘く大人かわいい雰囲気を演出できます。さらにラメを少し散らすと、リッチな輝きがプラスできます。

マーブルネイルのやりかた

3.夕焼け風

ベージュ系の色をベースカラーに置き、濃い赤系の2色を混ぜます。このとき混ぜる筆は太めを選び、大きな動きのマーブルを作るようにするのがポイントです。

慣れれば簡単に楽しめるマーブルネイル

色選びや混ぜ方などで、いろんなパターンのデザインを楽しめるマーブルネイルですが、理想のデザインに近づけるには多少の練習は必要です。

まずは一つの爪でトライして、カラーネイルの量や混ぜ方などの感覚をつかむところから始めてみては。手元を彩るネイルライフ、ぜひ楽しんでくださいね。

ネイルについてもっとスキルアップしたいなら、認定講師が指導する信頼感のあるネイルスクールへ!

CARRIERE(キャリエール)はJNA認定校です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールネイルカレッジが選ばれる理由】

※キャリエールネイルカレッジは、東京都内(新宿・立川)、神奈川県(横浜)のネイルスクールです。

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:2/2(木)~2/15(水)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。