[注目のキーワード]

その他

ネイルサロン開業時のメリット・デメリット|自宅サロン・併設型サロンでキャリアアップしたいなら!

作成日:

ネイルサロン開業時のメリット・デメリット

ネイリストとしてサロンワークの経験を積んだら、次に目指すのはフリーランスネイリストとしてネイルサロン開業、という方は少なくありません。

ですが、自分自身のネイルサロンを開業するにあたり、やはり気になるのがメリットとデメリット。

そこでここでは、自宅ネイルサロンと、他店舗の一部を借りる併設型サロン(別名「面貸し」)開業時に想定されるメリットとデメリットを、ネイルサロンの形態別にご紹介します。

自宅サロン開業のメリット

自宅サロンのメリットは、なんといっても初期費用が低く始められること。

多少の改装や家具・什器・備品などを揃える必要はあるものの、別の場所で店舗を借りて準備することと比較すれば、賃料や水道光熱費などを余分に支払う必要がないために、資金面でハードルが低いと言えます。

また、自宅のため通勤費・交通費がかからず、掃除道具などの日々の細かな雑費も極力抑えることができます。そのため、軌道に乗るまでの出費の心配が少ないでしょう。

さらに、予約制にしておけば時間の融通が利きやすいため、特に家庭の事情などにより限られた時間を有効活用しなくてはいけない方でも、ネイリストとして柔軟に仕事を続けることができます。

別の側面では、自宅で面積も大きくない場合、個々のお客様の要望に迅速に応えられやすく、アットホームな雰囲気でリラックスしていただけます。

【自宅サロン開業のメリットまとめ】
・初期費用や雑費を抑えられる
・時間の融通が利く
・お客様の要望に応えられやすい

自宅サロン開業のデメリット

いい事尽くしのような自宅サロンですが、残念ながらデメリットもあります。

まずは、自宅ということもあり、立地条件が集客面で向いていない(最寄り駅から遠いなど)ことが考えられます。また、集客のために自宅住所を広く公開することになると、(特に同居家族がいる場合は)問題が起こることも想定されます。

またマンションの場合、商用利用が認められていないこともあるため、トラブル回避のためにも事前確認が必要です。

さらに、商用利用が違反でない場合でも、マンションや建物の近隣住民(+同居家族)からお客様の出入りなどについて苦情が寄せられるリスクもあります。

別の面では、自宅サロンでは(有名サロンで勤めることと比較して)ベースとなる信頼度が低い点からスタートしなくてはいけません。

以前に勤めていたサロンで指名を多く受けていたとしても、そのお客様の多くが自宅サロンにまで通ってくださる保証はないため、最初は友人知人など知り合いから輪を広げ、SNSなどを使って積極的に広報活動を行う必要があることを念頭に置きましょう。

また、メリット面で挙げたアットホームな雰囲気が、反対に「非日常」をサロンに求めるお客様には合わないため、クチコミで低評価をつけられてしまうリスクがあります。

そのため、施術する室内だけでなく玄関周りや水回りなど、全面的にサロン仕様にリフォームが必要な場合、意外と費用がかかることがあります。

ネイリストとしての技術面では、周囲に他のネイリストがいない分、新しい情報が入りにくかったり、切磋琢磨してスキルアップするモチベーションを維持しにくかったりといった点が挙げられます。

そのため、自分自身で常に情報をアップデートするように、セミナーやコンテストに参加するなど、活動の幅を意識的に広げる必要があります。

【自宅サロン開業のデメリットまとめ】
・集客力が不透明
・自宅住所の公開によるリスク
・商用利用が可能かどうか
・近隣住民からの苦情リスク
・信頼度が低い
・自分自身で広報活動を行わなくてはいけない
・非日常を求めるお客様からの低評価リスク
・情報のアップデートの強化が必要

併設型サロン(面貸し)開業のメリット

エステサロンや美容室など、他店舗の一角を借りて開業する併設型サロンもまた、自宅サロンと同じくフリーランスネイリストとしての始めるのによく採用される形態です。

では、併設型サロン開業のメリットを見ていきましょう。

まずは、自宅サロンとほぼ同じく、店舗契約時の初期費用が低く抑えられる点が挙げられます。間借りする店舗との契約内容によっては、月々の賃料以外に初期費用が必要なケースもありますが、店舗全体の契約と比較すれば低いと言えるでしょう。

また、空調設備などが店舗全体で整っているため、一から店舗を組み立てるよりも費用面でメリットがあります。

さらに、併設の店舗の認知度が高く来店客が多い場合、お客様が一緒に利用してくれる可能性が高まるため、開業すぐでも集客力がある程度見込めます。

SNSなどでの広報活動でも併設店舗の名前を出しやすく、認知度を上げるのに活用しやすいと言えます。

【併設型サロン開業のメリットまとめ】
・初期費用を抑えられる
・お客様の集客がある程度見込める
・認知度を上げやすい

併設型サロン(面貸し)開業のデメリット

では、デメリット面を見ていきましょう。

まずは、最初に面貸ししてもらうための交渉をしなくてはいけません。

次に、(契約内容にもよりますが)売上に関係なく月々の賃料を支払わなくてはいけません。そのため、売上見込みと賃料のバランスを事前に計算して、開業を決める必要があります。

また、すでに店舗の雰囲気ができているため、思い通りにリフォームできなかったり、備品や接客姿勢について細かな制約があったり、店舗の営業時間・休日を合わせなくてはいけなかったりすることも想定されます。

さらに、店舗スタッフとの関係性がストレスになるケースもあります。併設店舗のお客様への接客範囲をどこまで求められるのか、といったことも、後々トラブルにならないように事前に確認する必要があります。

なお、自宅サロン開業のデメリットで挙げた「自分自身で広報活動を行わなくてはいけない」「情報のアップデートの強化」といった、1人でサロン経営をする場合のデメリットは、併設型でも該当します。

【併設型サロン開業のデメリットまとめ】
・面貸しの交渉・契約内容の精査が必要
・賃料の支払い義務
・リフォームできないなどの制約
・営業時間・休日の制約
・併設店舗スタッフとの関係
(1人でサロン経営をする場合)
・自分自身で広報活動を行わなくてはいけない
・情報のアップデートの強化

現状に合ったスタイルで開業を目指そう!

どちらのスタイルの開業でも、メリット・デメリットはいくつも想定されるため、ご自身の性格や資金、ライフスタイルなど現状に合ったものを選ぶのが一番です。

「将来的にはフリーランスとして独立し、自分のサロンが持ちたい!」という熱意があるのなら、まずはサロンワークで実務を学び、将来の夢を実現する道を開拓するのもおすすめです。

まずはネイリストとして信頼されるようにスキルを磨き、キャリアップを目指していきましょう。

CARRIERE(キャリエール)ネイルカレッジは、卒業後の就職保証・独立開業サポート制度が充実!

詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒【キャリエールが選ばれる理由】

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:9/27(月)~10/10(日)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。