キャリエールネイルスクール【東京・神奈川】にある
開業・資格取得が目指せるネイルスクール

ネイルの最新情報をお届け
CARRIERE JOURNAL
ネイルスクールと通信講座の費用を徹底比較

ネイルスクールと通信講座の費用を徹底比較|メリット・デメリットからおすすめの検定対策コースまで

その他

ネイルスクールに通うにあたり、全日制であれば、年間100万円ほどの費用がかかるといわれています。

一方、5万円ほどで受講できるものもあるのが通信講座ですが、あまりの費用の差にサポート体制を不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、ネイルスクールと通信講座の費用相場を比較したうえで、通信講座のメリットとデメリットを確認していきます。

ネイル関連の各種検定を受験するにあたり必要なそのほかの費用もまとめているため、ネイルスクールや通信講座の受講を考えている方は要チェックです。

ネイルスクールの費用相場

ネイルスクールに通うのに必要な費用は、各ネイルスクールの制度や選択するコースによって異なります。費用相場はどれくらいなのか、種類別にチェックしていきましょう。

ネイルスクールと通信講座の費用を徹底比較

【全日制】

主に平日の昼間に通学する全日制では、入学金を含め年間100万円ほど必要とされています。

全日制とひと口にいってもスクールによって前後しますが、1週間のうち平日×5日のスタイルをとっているところが一般的です。

ほとんどのネイルスクールは2年制のため、合計200万円ほどみておくと良いでしょう。

【フリータイム制】

フリータイム制とは、自分の都合の良い時間と頻度で通える制度のことです。例えば、週に1~2回の短期集中型で通えば、より早く修了を目指せます。

フリータイム制の費用相場は幅広く、30万円~100万円ほど。全日制より低費用で通えるところがほとんどです。

【試験対策のみのコース】

多くのネイルスクールでは、試験合格に向けた対策コースが用意されています。

合格を目指す試験によって費用は変わってきますが、試験対策のみのコースであれば10万円~15万円ほどが費用相場。試験にまつわる知識と技術だけ強化したい方に好適です。

ネイルスクール通信講座の費用相場

ネイルスクールに通うまでの費用や時間の捻出がむずかしいのであれば、通信講座を受講するのも一つの手。通信講座の中にはネイルスクールが展開しているものもあり、自宅にいながらスクールと同等の知識・技術が得られるのが魅力です。

ネイルスクールと通信講座の費用を徹底比較

通信講座といってもコースが複数あり、道具のある・なしや目指す資格の種類によって費用が異なるのには要注意。それぞれの費用相場を確認してみましょう。

【道具なしのコース】

ネイルの道具がついてこないコースであれば、5万円ほどで受講できる通信講座もあります。

道具ありのコースが10万円ほどと考えると、半分以下の費用で受講できるのがポイント。元からネイルをやっていて、ある程度の道具が揃っている方におすすめです。

【3級&初級を取得できる講座】

ネイリストとしての第一関門ともいえる、ネイリスト検定3級やジェルネイル検定初級の合格。

ネイルの基礎知識取得の証明を目指すこれらの費用は、道具なしで5万円ほど、道具ありなら11万円ほどが相場といわれています。

【2級&中級まで取得できる講座】

ネイリストとしてサロンに就職するにあたって、持っておきたいのがネイリスト検定2級とジェルネイル検定中級です。

就職に有利に働く資格取得に向けたこれらのコースは、道具なしで10万円ほど、道具ありなら20万円ほどと考えておくと良いでしょう。

ネイルスクールや通信講座以外にかかる費用

ネイリストになるためには、ネイルスクールや通信講座の受講料だけ払えば良いわけではありません。資格を取得するための受験料のほか、ネイルの道具・材料も一式必要です。

ネイリストを目指すために必要な、そのほかの費用も把握しておきましょう。

ネイルスクールと通信講座の費用を徹底比較

【資格の受験料金】

ネイリストの二大資格といわれているのが、ネイリスト検定とジェルネイル検定です。2級・中級以上を取得していれば、就職に有利になるためぜひ持っておきたいところ。

各級の受験料は以下の通りです。

・JNECネイリスト技能検定…3級:6,800円/2級:9,800円/1級:12,500円(いずれも税込)
・JNAジェルネイル技能検定…初級:9,900円/中級:13,200円/上級:16,500円(いずれも税込)

いずれも「いきなり2級を受験」「初級に合格したから思い切って上級に挑戦」など、飛び級はできません。

例えば、ネイリスト検定の2級を取得したいのであれば、3級の受験料も自ずと必要になってくると考えておきましょう。

【ネイル道具・材料代】

ネイリストになるのはもちろん、試験を受けるためには実技試験に必要なネイル道具と材料が一式揃ってなければなりません。

元々持っていたり、ネイルスクールや通信講座の費用に含まれたりする場合もありますが、検定によっては道具・材料が指定されているケースもあります。

試験対策用の公式問題集を含め、数万円~10万円ほどが相場と覚えておきましょう。

ネイルスクールの通信講座に通うメリット

ネイルスクールが展開する通信講座には、受講するメリットが複数あります。費用面やライフスタイル、学習の方法など、うれしいポイントがたくさん。

通学をはじめとする他のスタイルと比較しながら、通信講座のメリットをご紹介します。

【通学より費用が安く抑えられる】

ネイルスクールの通信講座は、通学よりリーズナブルに受講できるのが大きなメリット。

先述の通り、全日制のネイルスクールであれば合計で200万円ほど、フリータイム制であっても最大100万円ほどかかるところ、道具なしのコースなら5万円ほどから受講可能です。

ネイルスクールの信頼感は得つつ、なるべく費用を抑えられるのが利点といえます。

【自分の生活スタイルに合わせて学習できる】

そもそも通信講座は、好きな時間に学習できるのがメリットです。

通学であればある程度の縛りがある一方、家事や育児、学業の合間に効率よく学べます。

ライフスタイルに合わせたプランを立てられるため、生活を大きく変えられない方にもぴったりでしょう。

【近隣にネイルスクールがなくても学べる】

ネイルスクールで学びたくても、ある程度近くにないと通えません。通信講座なら自宅にいながら学べるため、住んでいるなど場所は関係なし。

さらに通学にかかる時間は不要で、通学時間をプライベートや学習の時間に回せるのもメリットです。

【独学よりもカリキュラムに沿って学べる】

通信講座とよく比較されるのが、独学で資格取得を目指す方法です。

自宅で学ぶのは変わりませんが、通信講座の方はテキストやDVDといった教材に沿って学んでいくため、学習の順序に迷わなくて済みます

さらに、資格の対策講座を受講すれば、合格を目指すうえで必要な知識を適切に身につけられるでしょう。

ネイルスクールの通信講座のデメリット

ネイルスクール発の通信講座にはメリットが複数ある一方、デメリットも存在します。学習時間が大幅にかかったり、ネイルスクールならではの恩恵が受けられなかったり。

そんな通信講座のデメリットもチェックしてみましょう。

【コースにより、通学制よりも長く時間がかかる可能性あり】

手っ取り早いイメージのある通信講座ですが、コースによっては通学するより学習が長引くケースも少なくありません。

例えば、フリースクール制のネイルスクールでは「最短◯週間・◯カ月で修了」など掲げているところもありますが、通信講座は自身の頑張りやスケジュールにかかっている部分が大きいでしょう。

よほどモチベーションを高く維持しない限り、計画的に短期間で学ぶにはあまり向いていない点がデメリットといえます。

【講師の指導を直接受けられない通信講座もある】

通信講座によっては、講師の指導を直接受けられないものもあります。DVDや動画などの教材を通して解説を受けられるとはいえ、通学のように対面するわけではありません。

その場で質問をしたり疑問点を確認したりするほか、自分の癖や苦手分野を教えてもらえないのがデメリットです。

【モチベーションを保てない可能性がある】

通信講座のデメリットといえば、モチベーションの維持がむずかしいこと。

ネイルスクールのように仲間の頑張っている姿を確認できないため、受講を続けるのはもちろん、資格への挑戦もそう簡単なことではありません。

【一緒に学ぶ友人ができない】

ネイルスクールと通信講座の大きな違いの一つに、一緒に学ぶ友人や仲間ができにくいことがあります。

モチベーションの維持に加え、互いに励まし合ったり、分からないことを相談し合ったりできないのもデメリットでしょう。

通信講座のネイルスクールを選ぶポイント

通信講座を選ぶ時には、ネイルスクールを見定めることも大切です。予算内におさまるのか、受講目的に合った講座内容を展開しているのかなど、よく確認してから決めましょう。

以下では、ネイルスクールを選ぶポイントを4つご紹介します。

【予算に合った受講費用かどうか】

通信講座の受講料は、ネイルスクールによってさまざま。無理なく取り組むためには、まず受講料が予算内におさまることが大切です。

最初から一つのネイルスクールに絞るのではなく、何校か比較してから決定すると失敗が少ないでしょう。

【受講目的と講座内容がマッチしているか】

「ネイリスト検定2級コース」や「ジェルネイル検定1級コース」など、用意されている講座内容が、受講する目的に合っているか確認することも選び方の基本です。

いざ申し込んだものの、目指す資格に対応していないのでは意味がありません。

【サポート内容が充実しているか】

資格の合格を狙うなら、サポート体制のしっかりしているネイルスクールを選びたいもの。標準の学習期間にプラスでサポート期間が設けられていたり、より楽しく学べるようリアルタイムの配信講座があったり、工夫を凝らしているネイルスクールは多いです。

合格に自信がない方は、サポートが充実しているネイルスクールを選びましょう。

【実績があるかどうか】

ネイルスクールの実績も、通信講座を選ぶうえでの目安の一つ。

長年の実績があればそのぶん検定合格に向けた体制が整っており、多くのネイリストを輩出しているといえます。実績がすべてではありませんが、決め手の一つにしてみてください。

キャリエールの通信講座とは

30年の実績を持つキャリエールの通信講座では、日本ネイリスト協会の副理事長が監修する4K動画によって資格の取得を目指せます。

コースは以下の3種類。

・Aコース:ネイリスト技能検定3級・ジェルネイル技能検定初級コース
・Bコース:ネイリスト技能検定2級・ジェルネイル技能検定中級コース
・Cコース:ネイリスト技能検定1級・ジェルネイル技能検定上級コース

検定前には全国24か所にあるスクールに通学することで、認定講師による技術チェックが受けられるスクーリングサポートを設けるなど、サポート体制も万全。なおかつ、最新ネイルアートのLIVE授業にも参加でき、楽しくネイルの知識を身につけられます。

通信講座から通学の編入もできるため、ぜひ検討してみてください。

キャリエールのネイル通信講座はコチラ

ネイルスクールの通信講座で費用を抑えながら学ぼう

ネイルスクールに通うなら最大で200万円ほどかかるところ、通信講座なら5万円ほどで学べるケースもあります。費用を抑えられるだけでなく、自分の生活スタイルに合わせて学べたり、独学ほど学び方に苦労しなくて良かったりするのが通信講座のメリットです。

直接的な指導を受けられなかったり、モチベーションが維持しにくかったりデメリットもありますが、そのぶんサポート体制が充実している通信講座もあります。

せっかく受験料や道具・材料費をかけて受験するなら、なるべく低費用で前向きに学習できるネイルスクールの通信講座に注目してみましょう。

金子 実由喜

この記事の監修者

金子 実由喜

  • NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)副理事長
  • NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)名誉本部認定講師
  • 株式会社オーガスタプロデュース代表取締役
  • 公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)副代表理事
キャリエールのスクール見学&説明会を開催中

今なら!!

ネイリスト転身応援キャンペーン
授業料最大50%OFF

スクール見学&説明会を
開催中

開催日:2/22(木)~3/6(水)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。