[注目のキーワード]

仕事・キャリア

社会人からネイリストを目指す方法|働きながら通えるネイルスクールにもフォーカス

作成日:

社会人からネイリストを目指す方法

ネイリストへの転職を考えているけれど、今の仕事を辞めるのは不安という方は多いもの。憧れの職業を目指すとはいえ、丸腰で挑むのは金銭的にも厳しいですよね。

そこでここでは、社会人からネイリストを目指す方法を紹介します。資格を取ったあと、どのようにネイリストとして就職するのか心配な方も、ぜひチェックしてみてください。

ネイリストとはどんな職業?

憧れの職業として人気のネイリストとは、お客様の爪にマニキュアやジェルネイルなどを施す仕事のことです。ネイリストとは和製英語で、世界的にはマニキュアリストやネイルアーティストと呼ばれています。

ストーンなどを多用する凝ったネイルアートや、爪をすらりと見せる長さ出しのほか、爪そのものを美しく磨き上げるネイルケアが代表的なお仕事です。

施術はもちろん、お客様とコミュニケーションを重ねることも大事なお仕事の一つ。お客様の希望やこだわりに寄り添って、ネイルに対する知識や信念を発揮できるシーンがたくさんあります。

さらに信頼関係を築き上げていくと、ネイルに関するお悩みを打ち明けられることも。ネイルに対して真摯に向き合っていればいるほど、やりがいを感じられる仕事でしょう。

ネイリストは手に職をつけられるため、出産や子育てをしたあと再就職しやすい職業でもあります。ネイルサロンで働くことをはじめ、薬局や施設などのネイルブースに所属したり、独立して自分でネイルサロンを開いたりと、複数の働き口から選べることも特徴です。

社会人からネイリストを目指せる?

単刀直入にいうと、未経験の社会人からでもネイリストを目指すことは可能です。専門学校や全日制のネイルスクールを出なければいけないと思われがちですが、働きながらネイリストを目指せる方法が存在します。

フルタイムで仕事をしている方、育児や家事に追われる方でもチャレンジできる方法も。時間や費用のちょっとした工面と、お客様の爪をきれいにしてあげたい気持ちさえあれば、目指す資格は十分にあるといえます。

社会人からネイリストを目指す4つの方法

働きながらでも育児をしながらでも目指せるとはいえ、最初はどのように手を付けたらいいのか迷うもの。そこで次に、社会人からネイリストを目指す方法を4つ紹介します。

社会人からネイリストを目指す方法

ネイルサロンとWワークする

ネイリストには必須資格がないため、ネイルサロンとのWワークを考えるのも一策です。ただし今の仕事を続けながら、副業ができるかどうか事前に調べておくことが大切に。

シフトをやりくりしたり、休日にネイルサロンでの仕事を入れたりすれば、並行しながらネイルの知識や技術が学べるでしょう。とはいえ、ネイルサロンで仕事を始めたからといって、いきなりネイリストになれるわけではないので、少しずつ気長に目指したい人向けです。

独学で知識を収集&習得する

全くの独学でネイリストを目指す方法もあります。手持ちの道具や参考資料、ネイルの知識を既に身につけている人には好適。

とはいえ、独学で学ぶには、NPO法人日本ネイリスト協会に入会しておくのが賢明です。検定対策用の教材を販売していたり、セミナーなどで講師からのレクチャーを受けられたりする貴重な機会も得られます。

フリースタイルのネイルスクールに通う

社会人からネイリストを目指す方法で、最もおすすめなのがネイルスクールに通うことです。

ネイルスクールには全日制とフリースタイル制の2種類がありますが、仕事をしながら目指すなら、時間の融通が利くフリースタイル制がイチオシ。開講時間内であれば仕事前や仕事終わりに授業を入れられるほか、全日制より回数が少ない分費用もかさみません。

資格取得や卒業後の就職斡旋など、サポート体制が手厚いスクールもあります。

ネイリストとして就職する3つの道!

以下では、ネイリストとして就職する方法を解説します。十分な知識や技術を身につけた後、どのようにネイリストとして活躍できるのか見ていきましょう。

社会人からネイリストを目指す方法

ネイルサロンの求人に応募する

働きながらと同様、ネイルサロンやネイルブースでの求人に応募する方法があります。中には資格保有者優遇の求人もあり、未経験者より優先的に採用してもらえるチャンスも。

Wワークで働いていた場合、ネイリストとしてやっていく自信や知識を得たら、そのまま専業にシフトチェンジできればOK。サロンワークを一通りこなしてみたい人にもぴったりです。

自分でネイルサロンを開業する

自宅やスペースを借りて、ネイルサロンを開業することも可能です。営業時間や定休日を自分で好きなように決められるため、土日限定や昼間だけ営業などの条件設定も容易。

さらにネイリスト技能検定をクリアしていることは、サロンの看板として優位に働きます。アルバイトやパートと掛け持ちしながらWワークをしたい方にもおすすめです。

ネイルスクールの就職支援を受ける

ネイルスクール出身であれば、スクールの就職サポートに注目してみてください。多くのネイルサロンや就職先と、提携を結んでいるネイルスクールは少なくありません。

ネイルスクールを選ぶときに、就職支援のサポート体制の有無や質をチェックしてみましょう。ネイリストとしていち早く現場での経験を踏みたい方も、活用してみる価値ありですよ。

社会人からネイリストに効率よく転職!

一見難しいと思われがちな社会人からネイリストへの転職ですが、時間や費用をやりくりすれば十分叶えることができます。

就職支援や検定のサポートも一緒に受けたいのであれば、フリースタイル制のネイルスクールがおすすめ。働きながら余裕を持って、自分のペースで着実にネイリストへの道を歩んでみてはいかがでしょうか。


CARRIERE(キャリエール)はJNA認定校です。卒業生の就職先や就職サポート制度が充実! また校内にて定期的に検定試験を実施中です!

CARRIERE(キャリエール)はJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)認定校です。

■卒業生の就職先や就職サポート制度について、詳しくはこちらのページをご覧ください。【キャリエールネイルカレッジの就職サポート制度】

■キャリエールの検定合格保証制度について、詳しくはこちらのページをご覧ください。【キャリエールネイルカレッジの検定合格サポート】

※キャリエールネイルカレッジは、東京都内(新宿・立川)、神奈川県(横浜)のネイルスクールです。

今なら GoToスクールキャンペーン 授業料最大50%免除レッスン見学&説明会を開催中。

今なら
GoToスクールキャンペーン
授業料最大50%免除
レッスン見学&説明会を開催中。

開催日:8/12(金)~8/25(木)

時間:10:30/11:00/12:00/13:00/14:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:30

※期間中毎日開催しております。
※日程に関しては、ご希望にそえない場合もあるためご了承ください。